ミネラルウォーター市場の話

宅配水市場は1000億に手が届くところまで来ています。法人需要から家庭への普及が拡大傾向にあります。宅配水(ボトルドウォーター)は年々右肩上がりの増加傾向にあります。重たいペットボトルを運ばなくて済む利便性、サーバーのデザイン性も上がってきたことも人気の原因のようです。
ミネラルウォーター市場は約2500億円規模です。震災の影響から健康・安全志向により、ミネラルウォーターの需要は安定して継続すると思われます。


ただミネラルウォーター市場は若干頭打ちの感はあります。スポーツ飲料の伸びに押されているようです。輸入ブランドの伸び悩みが目立つようです。猛暑になってもなかなか売り上げは伸びないようです。
以前輸入ブランド ボルヴィックにカビが混入してメーカーが自主回収したことがありました。
長距離を運んでくるだけに、特に船便での品質への影響は心配されるところです。


私がよく買っているミネラルウォーターのペットボトルは手で簡単につぶすことができて、回収箱もかさばらなくて非常にエコに優れていますね。全商品がこのような材質になればいいと思います。2リットル入りのペットボトルも持ちやすく進化しています。材質も年々軽量化しているみたいです。容器だけの最重量は35gのようです。容器が軽くなることで石油由来材料も減るので、Co2削減効果もあるようです。


ペットボトルの素材は植物由来の素材が1部使用されている商品もあります。コカコーラの「い・ろ・は・す」は、つぶせるペット素材を1リットルペットボトルにも採用しています。よい取組ですね。ちなみに採水地は静岡・山梨・富山・北海道・鳥取・宮崎の全国6か所だそうです。


そういえば水をペットボトルで売るということを、最初に始めたのはハウス食品の「六甲のおいしい水」でしたが、アサヒビールの子会社に売却されましたね。ミネラルウォーターの業界もし烈です。商品名はそのままアサヒの「六甲のおいしい水」です。これによりアサヒのシェアは10%ほどになったようです。
近年のヒットはコカコーラの「い・ろ・は・す」だそうです。「い・ろ・は・す」はリサイクル化も盛んに行っているそうです。さらにペットボトルを再びペットボトルにすることを目指しているそうです
ちなみにシェア1位はサントリーの「天然水」です。環境への配慮もあって各社ペットボトルの軽量化へ進んでいるそうです。また値下げ競争にも拍車がかかっているそうです。