水全般

硝酸態窒素のこと
水道水や地下水に含まれる硝酸態窒素が体内で亜硝酸態窒素に変わると、発ガン物質を生成するという説があります。他の見解を見ると硝酸態窒素と亜硝酸態窒素には、発ガンのリスクはないという説もあります。逆に抗がん性の研究も進んでいます。 乳幼児には特にリスクが高いです
日本の水道水について
水は循環します。生活排水や工業用水などで汚染された水も、やがて人間の飲み水となって戻ってきます。日本では飲料水が一番赴きを置かれていません。欧米に比べて水質管理が緩いです。水田に多量の農業用水が使われる夏は、しばしば水不足が発生します。 河川の汚染で最も多い
| 1 | 2 | 3 | 次ページ >>