ウォーターサーバーを選ぶ基準

今ではウォーターサーバーの会社がたくさんあり、比較しても違いが分からないという事も多いのではないでしょうか。
そこで、判断基準の一つとして参考になる衛生管理の資格についてお話していこうと思います。
ウォーターサーバーで有名なクリクラは、宅配水業界で初めて厚生労働省よりHACCPの取得をしました。
HACCPとはHazard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとったものでハサップといいます。ハサップとは、食品などの製造加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある危害をあらかじめ分析し、その結果に基づいて製造工程のどの段階でどのような対策をすればより安全な製品を作ることができるのかという重要管理点を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛星管理の手法のことを言います。
日本の水は、安全で水道水でも安心して飲むことが出来るところが多いです。しかし、最近では水に気を使ってウォーターサーバーを導入している会社やお家が多いと思います。とくにお子さんがいらっしゃる家庭はとくに気を使っていると思います。
こういった国際的に認められた管理方法をしている会社であれば、まず安全であると判断する材料になると思います。
ウォーターサーバーを購入しようと検討している方は、ハサップシステムを導入している会社のウォーターサーバーを選ぶといいと思います。